同期会

玉名温泉
2019年11月12日~13日

昔の仲間の集まりで玉名へ。          玉名温泉、白鷺荘別館へ。
玉名  白鷺

会は昭和43年に発足、51年目。         先ず湯船に浸かる。
資産  湯船

千葉、福岡、柳川、熊本から5名。       高齢者用に誂えた(価格も)料理が運ばれる。
5名  料理

ビールは麒麟。                吟醸酒、下戸でも旨い。
麒麟  吟醸

日頃目にしない肉料理。            天麩羅も。
料理  天麩羅

蕎麦。                    茶碗蒸し。
蕎麦  茶碗蒸

炊き込み御飯。                つみれ汁。
御飯  汁

デザート後、深夜まで思い出話。
深夜

朝食はバイキング。              テーブル席。
朝食  席

先ず野菜。                  魚干物、その他蛋白。
野菜  蛋白

飲物。                    澱粉は少なく。
飲物  澱粉

蕎麦掻き希望

久木野庵で
2019年11月5日

干し柿は200個ほどになった。         1/4は家内の兄にお裾分け。
干し柿  裾分

熊本市内に出かける。             兄の会社に届ける。
市内  会社

久木野庵の蕎麦掻きを希望で阿蘇方面へ。    
阿蘇

途中、有機野菜の店。             魚肉無添加々工品をゲット。
有機  無添加

空港を過ぎる。                俵山の先、噴煙が上がる。
空港  噴煙


トンネル抜けると噴煙が間近、火口は規制。   久木野庵。
間近  久木野庵

石臼挽きせいろ、鴨せいろ。          石臼挽きせいろ。
石臼挽  石臼挽

鴨せいろ。                  蕎麦掻き、黒蜜で、家内は念願達成。
鴨  蕎麦掻き

この時期、阿蘇はススキが見頃。        見事に穂が棚引く。
ススキ  ススキ

美術館見学

南阿蘇村
2019年10月2日

菜園の柿の実が鈴生り。            大きくするために摘果。
柿  摘果

大根の芽も顔を出し始める。          気候がビオレに適してきた。
大根  ビオレ

「谷人たちの美術館」、家内のお供。       南阿蘇を目指す。
美術館  南阿蘇

畑はキャベツか白菜の苗。           並木道を抜ける。
苗  並木

俵山の風車群。                南阿蘇トンネルを抜け、
風車  南阿蘇

俵山トンネルを抜ける。            ススキの穂が繁る。
俵山  ススキ

阿蘇の山並みが見える。
山並

お昼時、蕎麦屋。               手打ちそば「日出や」。
蕎麦屋  日出や

石臼で自家製粉、阿蘇山の伏流水で手打ち。   久木野産、在来種のそばの実。
手打ち  実

窓外は阿蘇の山並み。             蕎麦畑も見える。
窓外  蕎麦畑

ご主人はエレキもなさると。          つけ鴨蕎麦。
エレキ  鴨

家内は山かけ蕎麦。              蕎麦湯で〆。
山かけ  〆

「谷人たちの美術館」一軒目。         さおり織りの店。
一軒目  さおり

小さなお店。                 さおり織物の展示販売。
さおり  作品

二軒目。                   草木染めの店。
二軒目  草木染

ススキの束がいいオブジェ。          染め布と糸の販売。
ススキ  布と糸

待つ間に上がらせて貰う。           いきなり団子の振る舞い。
布と糸  団子

薩摩芋に餡をのせて包んで蒸す郷土食。
郷土食

かき氷店は水曜定休。
定休

海は生きていた

荒尾干潟
2019年9月28日

無花果が二輪開花。              効率向上を目ざし枝葉を剪定。
開花  剪定

ガレージ横植込みの茶の木。          花が下向きに開花。
茶  花

実も鈴なり。                 木を育てるため摘果、2.8キロ。
実  摘果

湾岸道でお出かけ。              柳川市内に向かう。
湾岸  市内

水郷の町。                  
水郷  水郷

予約の食事処「無垢」。             古民家風。
予約  古民家

築100年超。                 縁側に水面。
100年  縁側

其処は水路、川下り船が通る。
水路

予約のメニュー。               食前酒。
予約  食前

前菜。                    蓮根餅。
前菜  蓮根

メイン。                   茸御飯と吸物。
メイン  御飯

口直し。                   デザート。
口直  デザート

烏龍茶と干菓子。               川筋下流の菓子店でケーキ。
烏龍  菓子

その下流のパン屋でバゲット。         湾岸道で帰る。
パン  湾岸

荒尾干潟に立ち寄り。             干潟センター。
干潟  センター

二階は展望室。                干潟の生き物が展示。
展望室  展示

干潟に出る。                 対岸は雲仙。
干潟  対岸

干潮。                    カニを発見、干潟は生きていた。
干潮  カニ

サクラマチクマモト

グランドオープン!
2019年9月16日

ヘチマは4本になっていた。           桔梗は1本枯れ始め。
ヘチマ  桔梗

菜園の枇杷。                 隣の雑草地が草刈り。
枇杷  草地

無花果が開花。                今朝の収穫。
開花  収穫

柿の実も多い。
柿

熊本市に出かける。              市電に乗る。
熊本  市電

サクラマチクマモトへ。            新規オープン。
サクラマチ  開館

併設のバスターミナルは日本最大級。      飲食店街は大混雑。
バス  混雑

通町へ迂回。                 老舗のラーメン店。
通町  老舗

何時ものメニュー。
メニュー

藤崎宮例大祭の神幸行列。
行列

水汲みと畑仕事

菓子作りと野菜作り
2019年6月5~6日

昨年行った和水町、小田瀬戸口へ娘のお供。   公園名が変わっている。
和水  園名

こんな掲示も出来ている。           名水は変わらず。
掲示  名水

栗の花が満開、夜は蛍が見えそうだ。
栗

菜園は枯れた杏の木の伐採。          新世代に期待。
杏  伐採

サヤエンドウは役目を終え枯れてしまった。   枯れた蔓を処理。
サヤ  蔓

菊芋が茂ってきた。              結束して整理。
菊芋  結束

胡瓜の花が根元に集中、どう実るのだろう。
胡瓜

梅ちぎり

熊本地震の震源地へ
2019年6月1日

梅ちぎりに誘われ待ち合せ場所へ。       近くのうどん屋で腹ごしらえ。
場所  近く

讃岐の硬麺。                 熊本地震々源地の益城町に向かう。
讃岐  益城

山間の道を上る。               梅林、先代の林を僅かに維持。
山間  梅林

梅は熟している。               完熟して落ちて、ちぎる必要なし。
梅  完熟

良くない実は木の根に集めておく。       約2時間で30キロ超。梅干し、ブランデー漬けに。
根  収穫

栗の花が咲いて季節には期待。         近くに竹藪もある。
栗  竹藪

タケノコを収穫。               竹の花、50年に一度咲くそうだ。
収穫  竹の花

震源の崖、右は3千年前の亀裂、左は今回。
崖上の梅林の持主が教えてくれた。
崖

南阿蘇村

週末ランチ
2019年5月25日

庭の苗木を買いに出かける。          3割引セール中。
苗木  セール

南天ほか数点。
南天

南阿蘇を目指す。               先の地震で崩落した山肌が見えてくる。
南阿蘇  山肌

橋は補強が終わっている。           俵山の風車群が見えてくる。
橋  風車

俵山トンネルを抜ける。
俵山

今日から開催のアートフェスタお目当て会場。  草木染め服や手紡糸を販売。
フェスタ  販売

家内が品選びの間に茶菓。
茶菓

ランチは久木野庵の蕎麦。           これで蕎麦粉を挽く。
蕎麦  蕎麦粉

窓外は緑の若葉。               蕎麦茶で暫し待つ。
若葉  蕎麦茶

辛味大根のぶっかけそば。           家内はざるそば。
辛味  ざる

蕎麦湯を頂く。                最後にそばがき・きなこ黒蜜、コーヒー。
蕎麦湯  そばがき

帰路、萌の里。                メロンが安いので買い求め。
萌  メロン

さつき茶ソフトも目にとまる。         景色にあった味。
ソフト  景色

帰路、大津町の落花生問屋。          生と塩焼きを3キロ程買入れ。
問屋  3キロ

平成最後の桜見納め

平成にて
2019年4月4日

家内と娘はヘアサロン予約で福岡市へ。
ならば一人で熊本市へ。            上熊本駅で下車。
IMG_0445_201904041806447fb.jpg  上熊本

低床の路面電車に乗り換え。          新町で下車。
電車  新町

電停向かいの書店へ。             BSで放送された長崎次郎書店。(4/6再放送)
書店  次郎

希望する書籍は在庫無し。           「令和」典拠の巻だけ分けて貰う。
在庫  令和

辛島町で乗り換え、大きな施設が建設中。
辛島町

改装終わった熊本駅へ。            安藤忠雄氏設計、外壁は熊本城石垣イメージ。
熊本駅  石垣

豊肥本線に乗る。               次の駅で下車。
豊肥  下車

平成4年開業駅。               平成さくら通りは満開。
4年  満開

中央公園で見納め。
公園

ランチは隣のビルのフードコートの専門店。   餡かけ焼きそばが多種。
ランチ  多種

海鮮餡かけ焼きそば、旨い。
海鮮

天草へ

菜の花と海老
2019年3月9日

認知症でデイサービスに通う家内の母上、今日は月2回あるショ-トステイのお泊り日。
久しぶりの羽根伸ばしに家族でお出かけ。

一本道国道で天草に菜の花見物と海老食べに。  対岸の雲仙岳は霞む。
国道  対岸

人気の饅頭店は30分待ちでパス。        三角方面に向かう。
饅頭  三角

天草まであと73Km。             JR三角線沿いに走る。
天草  JR

天草への架橋が見えてくる。          物産館に立寄り。
架橋  物産

菓舗木村、人気のどら焼きお買い入れ。     目的の100万本の菜の花園、期待外れ。
人気  花園

先に進む。                  海老の宮川志柿店、2時過ぎで閉店。
先  海老

時間つぶしに半島先の崎津集落へ向かう。    集落が先日世界遺産に登録された。
半島  集落

隠れキリシタンの集落。            カトリック教会、中は畳敷き。
隠れ  教会

岬にはマリア像。               夕日時には映える。
岬  夕日

大江天主堂にも廻ってみる。
大江  IMG_0077_20190310083624e3b.jpg

裏手にはルルドのマリア様。
裏手

まだ時間があるので温泉へ。
温泉  温泉

強いアルカリの感じ、足の乾癬が改善。     対岸は湯気に霞む。
強い  対岸

海老の宮川亀川店は5時オープン。        窓外の眺めも良味。
海老  窓外

自家養殖海老のメニュー豊富。         海老塩焼き定食。
自家  塩焼

宮川定食は各種海老料理盛り合わせ。
堪能して10時過ぎに帰着。
定食
プロフィール

中~後期高齢者 のび


拙筆、拙写 : 中~後期高齢者 のび
日々の日記及び
新しいデジカメ画像から
古いアルバムの銀塩写真まで、
思い出の記録を整理。
熊本県在住。

分類(☝で詳細)
画像
(☝で拡大)
日付順目次

☆日記一覧

最近の日記
コメント
検索
日付(****年**月)でも      検索可能
リンク
ゲスト(☝で詳細)