雨の鹿児島

JR最南端の駅へ
2014年4月13日

鹿児島で開催される講習会に行く娘に同行。
早朝の国道は前日とは打って変わって雨。   鹿児島まで200キロ近くの地点でも雨。
早朝の国道 鹿児島まで200キロ

松橋ICで高速道に乗る。
松橋IC 高速道

高速道は車が少ない。
高速道

宮原SAで小休止、             うどん朝食。
宮原SA うどん朝食

山間に差し掛かると霧が出てくる。      全長6キロ超の肥後トンネルは青信号。
山間 肥後トンネル

6キロ超の加久藤トンネルも青信号。      えびのPAでの視界は不良。
加久藤トンネル えびのPA

九州道を直進、加治木ICで高速道を降りる。
九州道を直進

日豊本線の加治木駅でJRに乗り鹿児島中央に向かう。
加治木 鹿児島中央に

鹿児島中央駅近くの寿司屋で土産に鹿児島名物の酒鮨を買う。
寿司屋 酒鮨

寿司飯と具材を酒に漬込んで発酵させてある。
酒鮨 酒鮨

駅地下で、これも名物の栗菓子を買う。
駅地下 栗菓子

栗の餡を黒糖羊羹で包んである。
栗菓子 栗菓子

指宿枕崎線でJR最南端の駅、西大山駅へ向かう。
指宿枕崎線 西大山へ

錦江湾は雨。                桜島は雲の中。
錦江湾は雨 桜島は雲の中

やがて西大山駅に到着。           最南端駅の表示。
西大山駅 最南端

残念ながら薩摩富士とも云われる開聞岳は雲の中。
薩摩富士

駅前には黄色いポスト。           伍代夏子も来たのだろうか。
黄色いポスト 伍代夏子

駅前の土産物屋で雨宿り、          おにぎりと唐揚げで昼食。
駅前の土産物屋 昼食

鹿児島に戻り娘が調べていた茶屋へ。     新茶を展示。
茶屋 新茶

店内に喫茶スペースがある。         緑茶と和菓子で一服。
喫茶スペース 緑茶と和菓子

今回も黒豚を食べ損ね、えびのPAへ。    日南鶏ラーメンが夕食。
えびのPA 日南鶏ラーメン

テーマ : 旅行記
ジャンル : 日記

鹿児島

白熊を食す
2013年8月3日

娘のお供で鹿児島旅行。
早朝の九州道は車もまばら。
早朝

熊本ICで陽が昇る。
熊本

宮原SAには浴衣美人達。
宮原

山江SAで名物の栗まんじゅうを買おうとしたら、早朝でまだやってない。
山江

6Kmを超える加久藤トンネルは近年、対面から2車線に変わり走りやすくなった。
加久藤

トンネルを出てえびのPAで一休み。     えびの高原が爽やか。
えびの えびの

加治木ICで高速を下りる。
加治木

名物の加治木まんじゅう店「新道屋」に立寄る。
新道屋 加治木まんじゅう

朝食に熱々のまんじゅうを頬張る。
加治木まんじゅう 加治木まんじゅう

10号線を進むと桜島が見えてくる。
10号線

日豊本線を走る水戸岡デザインの特急とすれ違う。
日豊本線

途中、脇道に入り名物「ぢゃんぼ餅」の老舗「中川家」へ。
中川家 両棒餅

「両棒餅」と書いて「ぢゃんぼ餅」と読む。
大きな餅ではなく、小さな餅に太めの楊枝のような棒を2本さして食べやすくしてある。
朝食の続きに桜島を眺めながら、みたらし団子に似た味わいを楽しむ。
両棒餅 両棒餅

桜島フェリー乗り場に向かう。
フェリー乗り場

桜島に向かって出航。
出航

近づくにつれ山影がくっきりしてくる。
山影

下船して道の駅に立寄り。
南国ムードが漂う。
道の駅 南国ムード

1周する途中に展望所がある。         市内からの景色とは一変して、活火山の様相。
展望所 活火山

ホテルの立ち寄り湯はまだ掃除中で、さくらじま白浜温泉センターで温泉に浸かる。
窓からは湾の景色が良く見える。
白浜温泉 湾の景色

各種風呂に露天風呂、サウナを楽しむ。
でんき風呂は弱く感電する。
各種風呂 露天風呂

サウナ でんき風呂

港まで一周しフェリー乗り場に戻る。
乗り場

このフェリーは船尾と船首に操舵室があり方向転換をせずに運航している。
操舵室

埠頭の魚市場内の「市場食堂」で昼食。    店内は混雑。
市場食堂 店内

首折サバは屋久島で水揚げされるゴマサバのこと。
鮮度を保つために、漁獲後すぐに首を折る。
メニュー

鹿児島だからカツオ定食と首折サバ定食。どちらも新鮮で旨い。
カツオ定食 首折サバ定食

食後は別行動、歩いて昼間の飲み屋街を抜けて天文館に向かう。
昼間の飲み屋街 天文館

天文館

「むじゃき」の前は人だかり。
むじゃき 白熊

かるかんの「青柳」。
青柳

示現流兵法史史書館の横のスペシャルティーコーヒー豆専門店「ヴォアラ珈琲」へ。
ヴォアラ珈琲 ヴォアラ珈琲

浅炒りの香りの良いコーヒーを頼んだらモカとケニアを選んでくれた。
モカとケニア

天文館に戻り案内の人に美術館や公園への行き方を親切に教えてもらう。
案内の人

中央公園を過ぎて、窮屈そうな西郷隆盛像の前を通り美術館へ。
開催中のフランス絵画などを紹介する「ナント美術館名品展」は時間切れで割愛。
中央公園 西郷隆盛像

美術館

路面電車で鹿児島中央駅へ。
鹿児島中央駅

2階新幹線ホーム前は土産物店。       「青柳」で依頼のかるかんを3種購入。
土産物店 青柳

輕羹(かるかん):山芋と良質の米粉を混ぜて蒸し上げ。
煎粉餅(いこもち):糯米を煎って粉にし、砂糖蜜を加えて捏ね上げ、木枠に入れて蒸し上げ。
高麗餅(これもち):小豆餡に砂糖、上新粉を混ぜ合わせて蒸し上げ。
かるかん3種

さつま揚げ「揚立屋」の看板が目に留まる。
無添加に惹かれてひとくちサイズを購入。
揚立屋 無添加

ひとくちサイズ ひとくちサイズ

バスで待ち合わせ場所へ向かう。
バス

県庁前の自治会館で合流。
県庁 自治会館

指宿に向かう途中、錦江湾公園のロケット広場にあるH-IIロケットの実物大模型が見えてくる。
指宿に向かう

喜入のタンク群が見えてくると喜入の道の駅、温泉がある。
タンク群 喜入

更に進み指宿の道の駅へ。
道の駅 指宿

ここで依頼の土産物をまとめ買い。
土産物 土産物

かからん団子:小豆やヨモギの団子を、香りの良いサンキライの葉(かからん葉)で包む。
けせん団子:小豆餡と米の粉を練り上げ、これを「けせん」(肉桂)と呼ばれる葉で包む。
かからん団子 けせん団子

あくまき:「灰汁巻き」。木灰の汁にもち米を一晩浸けて竹の皮で、
もち米を包み灰汁で煮たもの。
よもぎ団子、ふくれ菓子。
あくまき よもぎ団子

ふくれ菓子

買い物が終わり砂蒸し温泉「砂楽」へ。
砂楽 砂蒸し温泉


波打ち際は潮が満ちて入れず。        屋根付きの方で蒸される。
波打ち際 屋根付き

蒸し上がったのは7時過ぎ、九州の南端は日が長い。
九州の南端

市内に戻り「むじゃき」で白熊を食す。
上から見ると白熊の顔になっていますと店員の説明、風呂上りには最適。
むじゃき 白熊

9時過ぎて市内の黒豚専門店はオーダーストップ。
高速に乗り桜島SAでさつま揚げの入った蕎麦が夕食。
桜島SA 蕎麦

帰路のえびのPAは閑散。
夜景を眺めて休息、帰着は25時30分、走行600Km超。
えびのPA 夜景


テーマ : 旅行記
ジャンル : 日記

プロフィール

中~後期高齢者 のび


拙筆、拙写 : 中~後期高齢者 のび
日々の日記及び
新しいデジカメ画像から
古いアルバムの銀塩写真まで、
思い出の記録を整理。
熊本県在住。

分類(☝で詳細)
画像
(☝で拡大)
日付順目次

☆日記一覧

最近の日記
コメント
検索
日付(****年**月)でも      検索可能
リンク
ゲスト(☝で詳細)