コロンボ~バンコク

コロンボ~バンコク
2010年9月

リスやオオトカゲのお出迎えで朝食。
さすが、スリランカで初めて5つ星の評価を受けたホテル。

リス                     オオトカゲ
リス オオトカゲ

朝食のテーブル                目玉焼きとソーセージ
朝食のテーブル 目玉焼きとソーセージ

昼まで、ホテルのプールでインド洋を眺めながら泳いだり、インターネットで遊んだり。
ホテルで寿司、天ぷらの昼食後、コロンボに向かう。

プールの向こうはインド洋
プールの向こうはインド洋

ランチは寿司                 天ぷらも
寿司 天ぷらも

途中、ウミガメ保護センターに立ち寄る。
海亀の孵化、育成、放流、鮫に手足を食われた亀の保護等、ドイツ政府の支援を受けている。
我が家のペットはミシシッピーアカミミガメ(ミドリガメ)、亀には愛着がある。

ウミガメ保護センター
ウミガメ保護センター ウミガメ保護センター

ウミガメ           孵化したカメ
ウミガメ ウミガメ ウミガメ

カルタラの仏塔を過ぎ、中国から寄贈された国際会議場、会議場入口の
アウカナ・ブッダを模してある仏像、更に独立記念館を過ぎるとコロンボ市街。
スーパーでお土産を探す。

カルタラの仏塔                国際会議場
カルタラの仏塔 国際会議場

会議場入口の仏像               独立記念館
会議場入口の仏像 独立記念館

市内のスーパー
市内のスーパー

カフェ・ジャパンに着き、最後の晩餐会。
エビ、カニ尽くし、頼んでおいたマングローブ蟹が旨い。
鯛、マグロの刺身、エビ天も、久し振りに豪華な純日本食。
紅茶のお土産まで頂いて、奥様初めご家族の皆様、大変お世話になりました。
夜半過ぎ、コロンボ国際空港に向かいバンコクへ。

刺身                     海老の塩焼き
刺身 海老の塩焼き

茹で海老                   エビ天
茹で海老 エビ天

マングローブ蟹
マングローブ蟹 マングローブ蟹

野菜の煮物                  マンゴスチン、他
野菜の煮物 マンゴスチン、他

コロンボ空港
コロンボ空港

テーマ : 旅行記
ジャンル : 日記

ゴール/スリランカ

ゴール/スリランカ 
2010年9月

今日はゴールに向かって、ゴールと言っても終点ではなく、南部最大の港町の名前だ。
14世紀、東方貿易の拠点で、世界遺産の城壁の町でもある。
途中通った町では朝市が賑わっている。
週2回開き、野菜等の食料品衣類を販売、蜂蜜の産地としても有名らしい。

朝市の町                   魚の干物も売ってる
朝市の町 魚の干物

ゴールに近づくと海沿いに魚の露店が立ち並ぶ。
イカ、鯵、鰆等日本で見かける魚が多い。

海沿いの露店                        漁船だろうか
海沿いの露店 海沿いの露店 漁船だろうか

ゴール近くマータラの町に入ると道路傍の商店街も賑やかになる。

商店街            衣類             果物
商店街 衣類 果物

発酵食品                         椰子
発酵食品 魚 椰子

ウッドアップル        マンゴー
ウッドアップル マンゴー

昼食は旧イタリア人別荘、今はクロッセンバーグホテルになっている
見晴らしのよいレストラン、鰆のソテーが旨い。

フロント           レストラン          テラス
フロント レストラン テラス

ビール            スープ            鰆のソテー
ビール スープ 鰆のソテー

食後、ゴールの城壁内を見学、古い町並みはヨーロッパを連想させる。
町並みの維持のためにオランダ政府が協力している。

オールドゲート                オランダ東インド会社の紋章「VOC」
オールドゲート オランダ東インド会社の紋章「VOC」

城壁                     静かな町並み
城壁 静かな町並み

オランダ教会                 岬の灯台
オランダ教会 岬の灯台

昔、大津波で刑務所が壊れて、囚人が脱獄し、酒屋も壊れてワインが流れ出した。
それを飲んでいい気持ちになった囚人はやがて逮捕されたという話がある。
博物館で宝石の研磨、装飾工程を見学。

工芸館            宝石磨き           織物作り
工芸館 宝石磨き 織物作り

アンティーク品
アンティーク品 アンティーク品

アフンガラに向かって海沿いの道を走る。
暫らく進むとヒッカドゥワに大きな仏像が立っている。
インド洋大津波の被害者を追悼するために日本の本願寺財団が建立したもの。

海を見つめる仏像
海を見つめる仏像

途中アンバランゴダの町でマスク博物館を見学する。
映画に出てくる緑色のマスクを探したが見つからず、似たようなマスクを買い求める。

マスク博物館         館内             制作実演
マスク博物館 館内 制作実演

やがて、今日の宿のヘリタンス・アフンガラ・ホテルに着く。
ここはスリランカを代表する世界的建築家、ジェフリー・バワの設計。
インド洋に面したプールにシンメトリックな建物。
ウェルカムドリンクはスイカのジュース、プールサイドで頂く。
海は波が高く遊泳禁止、プールでひと泳ぎ。
フロントのサーラにPCの無線LAN接続を教えてもらう。

ホテル正面                  フロント
ホテル正面 フロント

ウェルカムドリンクはプールサイドで      部屋にはウェルカムフルーツ
ウェルカムドリンク ウェルカムフルーツ

シンメトリックな建物             サファイヤブルーのプール
シンメトリックな建物 プール

夕食は手長エビをメインに。

レストラン                  手長エビ
レストラン 手長エビ

テーマ : 旅行記
ジャンル : 日記

エンビリピティア/スリランカ

エンビリピティア/スリランカ
2010年9月

朝食は焼きトマト、ビーフ、チキン、ポークのソーセージ、フルーツはルバーブ、オリーブ。
焼きトマトは耳にしたりするが、初体験。こちらのトマトは小ぶりで、青味がかっていても、
酸っぱくなく、焼くと一層風味が増して旨い。

焼きトマトの朝食
焼きトマトの朝食

朝食を終え、紅茶畑の間を縫ってエンビリピティアに向かう。
そこで知人が運営する小型水力発電所を見学するために。
タミル人の茶摘婦人達が袋をかつぎ、棒を持って茶畑を上っている。

紅茶畑
紅茶畑

途中でティーブレーク、ハイヒールみたいなのは蘭の花でレディーシューズ。

ティーブレーク                蘭の花、レディーシューズ
ティーブレーク 蘭の花、レディーシューズ

エンビリピティアはバナナ、パパイヤの産地、途中に多くの果実園がある。

椰子畑
椰子畑

町中食堂でランチ。ここのは辛かったけど一番、口に合った。
やはり、庶民的かな。

町中食堂                          エビカレーランチ
街中食堂 街中食堂 エビカレーランチ

町中から山中に入り四駆の荷台に乗り換え、悪路を発電所に向かう。
堰、水路、導水管、機械配置等、よく出来ている。これなら問題なし。

四駆で山道を                 導水路
四駆で山道を 水路

発電設備                   配電盤
機械装置 配電盤

見学が終わり、セントーリア・ツーリストホテルへ。
前庭にはカワセミやリスが来て自然味にあふれる。
ここは、無線RANが使えない。
ディナーテーブルには、コンガとギターの演奏が来て、数曲演奏してもらう。
飲み物はジンジャービール、生姜の絞り汁だからアルコールではありません。

ホテル                    フロント
ホテル フロント

レクリエーション施設             プール、向うはチャンドリカ湖
諸施設 プール

カワセミ                   リス
カワセミ りす

レストラン                  生演奏
レストラン 生演奏

ジンジャーエール       野菜メインで         デザート
ジンジャーエール 野菜メインで デザート

テーマ : 旅行記
ジャンル : 日記

ヌワラ・エリア/スリランカ

ヌワラ・エリア/スリランカ
2010年9月

<2日目>

赤道近辺でも高度のためホテルは涼しく、室内気温、早朝18℃、暖房が入っている。
ホテルの前の花壇には、日本にもある四季の花が同時に咲いている。
ホテルの向かい側にはオーガニックのミニ製茶工場。

ホテルの前の花壇               インド洋大津波の追悼碑
ホテルの前の花壇 インド洋大津波の追悼碑

ミニ製茶工場                 製茶工程
ミニ製茶工場 製茶工程

朝食は軽く、アボカドジュース、フルーツはグァバ、オリーブ、ジャムはウッドアップル。

アボカドジュース、グァバ、オリーブ      ウッドアップルジャム、他
アボカドジュース、グァバ、オリーブ ウッドアップルジャム、他

今日はヌワラ・エリアの町歩き日、紅茶畑の山間の道を下りて市内へ、谷間には野菜も栽培。
簡易舗装の道路脇にはATMもある。
向かう途中には競馬場もあり、近くの公園はJAICAの協力で整備が進んでいる。

山間の道を下りて               野菜畑
山間の道を下りて 野菜畑

町の入口                   ATM
町の入口 ATM

競馬場近く                  JAICAの協力で整備が進む
競馬場近く JAICAの協力で整備が進む

ヌワラ・エリアの町に着きアーユルベーダのマッサージをして貰う。
ハーブオイルで頭頂からつま先まで、丁寧にマッサージしてくれて、終わると木製の
ボックスに頭だけ出して、スチームで仕上げ。

アーユルベーダ館               蒸し箱
アーユルベーダ館 蒸し箱

すっきりして、町中の角打ちで生ビール。

角打ち
角打ち 角打ち

町中を散策して商店街を見て廻り、市場を見学。

目抜き通り                  有名なコロニアル風郵便局
目抜き通り 有名なコロニアル風郵便局

日用品店           市場
日用品店 市場 市場

バナナ            ドリアン           ココナツ
市場 市場 市場

その後、ゴルフ場近くの高級レストランで昼食。 
ここもドレスコード指定、ショートパンツ禁止程度とのこと。
野菜のあんかけ風が和風味で、とても旨かった。

レストラン                  店内
レストラン 店内

ここにもドレスコード             昼でもこの気温
ここにもドレスコード 昼でもこの気温

野菜があんかけ風
野菜があんかけ風

スーパーマーケットを探検して椰子から作った砂糖を発見、
見掛けは黒砂糖、球形の外観も面白くお土産に。

スーパーのレジ                椰子砂糖
スーパーのレジ 椰子砂糖

早めにホテルに戻り、夕食。
てんぷら、コーンスープ、野菜のピザ、三種のアイス盛合わせ。
評判通りのおいしさ。

てんぷらのオードブル             コーンスープ
てんぷらのオードブル コーンスープ

野菜のピザ                  三種のアイス盛合わせ
野菜のピザ 三種のアイス盛合わせ

メニュー
メニュー

テーマ : 旅行記
ジャンル : 日記

ヌワラ・エリア/スリランカ

ヌワラ・エリア/スリランカ
2010年9月

<1日目>

豆のスープとベーコンエッグの朝食後
キャンディを出発し、山岳地帯の高地ヌワラ・エリアに向かう。

豆のスープ                  ベーコンエッグ
朝食 朝食

山中、茶畑の間を進み渓流には、所々滝が流れ落ちる。
脇道に入り、知人が建設予定の、標高800mにある発電所用地を見る。
堰を設置する位置は岩盤もしっかりし、機材の搬送にも問題はない。
政府、地元農協との話もほぼ終わり、残るは資金の手立てとか。
途中ランボダの滝で昼食。フライドポテトをメインにトマトスープと。

山中を進む                  茶畑
山中を進む 茶畑

所々に滝が                  発電設備取水予定地
所々に滝が 発電所取水予定地

滝の案内に猿が        ランボダの滝         レストラン
滝の案内に猿が ランボダの滝 レストラン

トマトスープ                 フライドポテト
ランチ ランチ

続いて製茶工場の見学に向かう。マクウッド社のラブーケリ-工場へ。
製茶工程を見学し、お茶のサービス、セカンドグレードのOPをお土産に。
展望デッキで茶畑、渓流の写真を撮り、戻るとチャーターバスがいない。
なんと、オイテケボリ。
日本との携帯はつながるが、仲間には通じず。
フロントでオバチャンに、行く先のホテルのTEL確認するも、通じず。
その時、片言の日本語で青年が近づいてきた。
日本人カップルを案内していたガイドのロハナさん。
事情を話すと、チャーターバスのガイドに連絡を付けてくれた。
この間30分、結局1時間待つ事になった。
事情を察したオバチャンから又、紅茶のサービス。
青年は日本大使館で働いた事のある観光ガイド、謝礼を渡そうとしたが、決して受け取らなかった。

マクウッド社ラブーケリ-工場                工場内部
マクウッド社ラブーケリー工場 マクウッド社ラブーケリー工場 工場内部

ディスプレイ         最高級品           オレンジ・ペコ
ディスプレイ 最高級品 最高級品

併設のショップ        店内             紅茶のサービス
併設のショップ 店内 紅茶のサービス

展望テラス                  対岸の紅茶畑
展望テラス 対岸の紅茶畑

山間の悪路を進み、標高2000m、英国のチャールズ皇太子も来訪暦のある
ヘリタンス・ティーファクトリーホテルに到着。
ホテルは製茶工場を改造したもので、当時の機械が展示してある。
レストランはドレスコード指定。生演奏で日本の曲を演奏。
数種類のメニューからコースを選べる。
オニオンスープとチキンピカタが旨かった。

ヘリタンス・ティーファクトリーホテル
ヘリタンス・ティーファクトリーホテル ヘリタンス・ティーファクトリーホテル

ロビー                    エレベータ
ロビー エレベータ

工場の機械が残る               チャールズ皇太子来訪記念
工場の機械が残る チャールズ皇太子来訪記念

レストラン入口                内部
レストラン入口 内部

ドレスコード                 メニュー
ドレスコード メニュー

寿司のオードブル               フレンチオニオンスープ
寿司のオードブル フレンチオニオンスープ

チキンピカタ                 いちごのテリーヌ
チキンピカタ いちごのテリーヌ

テーマ : 旅行記
ジャンル : 日記

キャンディ/スリランカ

キャンディ/スリランカ
2010年8月

ホテルのビジネスセンターでインターネット後、朝食ビュッフェ。
目の前で調理してくれる目玉焼きとポーク、ビーフ、チキン、3種のソーセージが旨い。
水牛乳のヨーグルト、発酵が進んだ感じもヤシのシロップをかけると、甘く美味しい。

朝食後、シンハラ王朝の古都、キャンディに向かう。
途中でトロピカルな果実ランプータンを買って食べる。
中身はライチに似た感じ、自然の甘さは心地よい。

ケイゴールの先ウトワンカンダの町にあるハーブ園、パラダイス・スパイスガーデンを見学、
ハーブと加工品の除毛クリームをお土産に。
バニラは日本での価格の1/10。

英国のキャプテン・ローソンが作ったキャンディーロード、国道1号沿いに
バイブル・ロックを遠目に、高台のレストランでランチにパスタを食べ、キャンディの町に。
仏歯寺に参拝、仏教国の中心、仏陀の歯を安置する寺院、敬虔な信徒が祈りを捧げている。
王家がインドから持ち帰った歯の曰くが、院内の上方に飾ってある。
王家が人心掌握のために利用したとも云えなくは無い。

参拝を済ませバティック工場見学、ろうけつ染めの服を数点買う。
町の中心部に高い塀を巡らせた刑務所があるが、近々移転の予定。先日脱獄者が射殺された。
市内をを散策、太陽は中天に高く、影は出来ないが、高度のせいもあり暑くない。
道行く人は、コロンボ市内と変わらず、ここでは物貰いには出会わなかった。
途中の劇場で民族舞踊のキャンディアン・ダンスを観覧、女性は優雅で男性は力強い。

市街の外れ、丘の上のアマヤ・ヒルズホテルに泊まる。
古代キャンディ王朝をイメージしたインテリア、レストランからの眺めもいい。
ポテト、パスタ、野菜を主に食す。
フィッシュ・グラタンはヌクママムがきつくて残す。

目の前で調理してくれる目玉焼き        ソーセージ三種
目の前で調理してくれる目玉焼き ソーセージ三種

道端の店           ランプータン         中身はライチのよう
道端の店 ランプータ 中身はライチのよう
  
スパイスガーデン       バニラ            カカオ豆
スパイスガーデン バニラ カカオ豆
  
実演販売                   売店
実演販売 売店

バイブル・ロック       パスタランチ         デザート
バイブル・ロック パスタランチ デザート

キャンディ          仏歯寺            仏歯が納められている廟
キャンディ 仏歯寺 仏歯が納められている廟

参拝は靴を脱いで       敬虔な信者          仏歯の由来
参拝は靴を脱いで 敬虔な信者 仏歯の由来

バティック工場
バティック工場 バティック工場 バティック工場

市内の通り                  刑務所の高い壁
市内の通り 刑務所の高い壁

市内の市場
市内の市場 市内の市場 市内の市場

キャンディアン・ダンス
キャンディアン・ダンス キャンディアン・ダンス キャンディアン・ダンス

アマヤ・ヒルズホテル
アマヤ・ヒルズホテル アマヤ・ヒルズホテル

レストラン
レストラン レストラン

夕食
夕食 夕食 夕食

テーマ : 旅行記
ジャンル : 日記

コロンボ/スリランカ

コロンボ/スリランカ
2010年8月

朝食を済ませ、市内の「カフェ・ジャパン」に向かう。
http://cafejapanlanka.blogspot.com/
緑茶と梅が枝餅でおもてなしを受けた後、市内遊覧に出かける。
車も人も多いが信号が少なく、人は何処でも好き勝手に車道を横切る。
車は当然のように徐行するが信号停止が無いから渋滞も無い。
人は何処でも横断出来て待つことなく、信号の費用も少なく、便利な交通システムだ。

主要交通機関はバスと三輪タクシー、窓とドアは開けっ放し、冷房付もあるが。
中心部には高層マンションも、家賃20~30万円。25階程度、貧富の差がある。
雑踏は混雑し、サリーの女性、サロン(腰布)の男性、裸足で歩く人もいる。
路端に座って手を出す物貰い、歌を歌うお貰いなどが目につき、寄託をする人も。
手作りのの土産物店で、木工品、シャツ等を買う。

昼食は銀行奥のレストラン「ラジャボジュン」、セキュリティが厳しい。
ゲートで金属探知、車はミラーで車底の確認をしている。
ランチはビュッフェスタイル、カレーの辛さは舌に絡みつくというか噛み付く感じ。

昨夜遅かったので、早めにホテルに戻り、プライベートビーチで散策して休息。
ここは英国植民地時代に総督の避暑地として開発されたスリランカで最古のリゾートに建つ。
インド洋に突き出た岬の白亜の建物は、格式あるホテルで、世界のセレブたちにも人気が高い。

ロビーから                  朝のインド洋
ロビーから 朝のインド洋

レストラン          朝食             トロピカルフルーツ
レストラン 朝食 トロピカルフルーツ

市内を行く                  白色の民間バス
市内を行く 白色の民間バス

カフェ・ジャパン               吹抜けの店内
カフェ・ジャパン 吹抜けの店内

テーブル席                  梅が枝餅のおもてなし
テーブル席 梅が枝餅のおもてなし

市役所                    セイロン銀行
市役所 セイロン銀行

中心街カーギルス百貨店            土産物店
中心街カーギルス百貨店 土産物店

高層マンション                繁華街
高層マンション 繁華街

市内の警備          市内の雑踏          サリーの女性
市内の警備 市内の雑踏 サリーの女性

銀行横のレストラン入口            車もセキュリティチェック
銀行横のレストラン入口 車もセキュリティチェック

レストラン、窓外はインド洋          ライオンビール
レストラン、窓外はインド洋 ライオンビール

ごはんと野菜         甘味             水牛ヨーグルトと椰子シロップ
ごはんと野菜 甘味 水牛のヨーグルトに椰子のシロップ

部屋のテラスから       夕食のテーブル        夜もビュッフェスタイル
部屋のテラスから 夕食のテーブル ビュッフェスタイル

テーマ : 旅行記
ジャンル : 日記

バンコク~コロンボ

バンコク~コロンボ
2010年8月

仲間5人と、スリランカで暮らす知人一家を訪問。
バンコク経由でコロンボへ。

チェックインカウンターには知人一家の300Kg超、20数個の手荷物。
仲間の手荷物分で追加料金なしにチェックイン。
同行者とサクララウンジに行き、コーヒーを頂く。
彼はウイスキーを持参のバッカスボトルに詰めるも、搭乗時に廃棄させられる。

定刻通りTake off、やがて飲み物とオツマミの後、機内ランチ。
約7時間後、バンコク着。
国際空港は驚くほどの広さ、24時間のハブ空港だ。
ミスドやラーメン店もある。
ウィンドーショッピングとお茶で時間待ち。

やがて出発、機内食、約3時間でコロンボに着く。
深夜で車は少なく、信号もなく40分走りっぱなしで中心部に着く。
更に20分走って、市内を通り抜け、マウント・ラヴィーニア・ホテルに投宿。

空港                     300Kg超手荷物
空港 300Kg超手荷物

サクララウンジで               搭乗機A330
さくらラウンジで 搭乗機A330

飲み物                    機内食
飲み物 機内食

バンコク国際空港               コンコース
バンコク国際空港 コンコース

ミスド                    ラーメン店
ミスド ラーメン店

Coffee World           マフィン
Coffee World マフィン
  
コロンボへ出国                飲み物
コロンボへ出国 飲み物

機内食                    コロンボ国際空港
機内食 コロンボ国際空港

マウント・ラヴィーニア・ホテル        ホテルからコロンボ夜景
マウント・ラヴィーニア・ホテル ホテルからコロンボ夜景

テーマ : 旅行記
ジャンル : 日記

プロフィール

中~後期高齢者 のび


拙筆、拙写 : 中~後期高齢者 のび
日々の日記及び
新しいデジカメ画像から
古いアルバムの銀塩写真まで、
思い出の記録を整理。
熊本県在住。

分類(☝で詳細)
画像
(☝で拡大)
日付順目次

☆日記一覧

最近の日記
コメント
検索
日付(****年**月)でも      検索可能
リンク
ゲスト(☝で詳細)