ビエンチャン/ラオス

ビエンチャン/ラオス
2010年9月

リゾートホテルでお粥の朝食後、国境のメコン川に架かる友好橋を渡る。
ラオス領に入ると交通は反対交通(日本と逆)になる。

お粥の朝食
お粥の朝食 お粥の朝食

タイ出国                   友好橋を渡る
タイ出国 友好橋を渡る

ラオス入国
ラオス入国 ラオス入国

ビエンチャンのシンボル、黄金の塔、タートル・アンに行く。
仏舎利(仏陀の骨)が収められている。
ラオス仏教最高の寺院とされる。

タートル・アン
タートル・アン タートル・アン

外壁内側の回廊                入口階段
外壁内側のの回廊 入口階段

北の寺院、ワットタートルアンヌアはラオス仏教界最高位の僧侶の住まい。

ワットタートルアンヌア            その横の寺院
ワットタートルアンヌア その横の寺院

境内で近寄ってきた、鳥かごを持ったオバチャンから、鳥かごを買って、中の雀4羽を放鳥、
功徳あれかし、40バーツ、120円。

雀売り
雀売り

首相官邸、凱旋門(パトゥーサイ)を見て廻る。

首相官邸                   凱旋門
首相官邸 凱旋門

メコン川沿いのレストラン、ムーン・ザ・ナイトで昼食。
鯰に似た川魚の煮付けは美味。
エビの入ったトマトスープはラテン風、トムヤムクン。

ムーン・ザ・ナイト              テラス席
ムーン・ザ・ナイト テラス席

店内席
店内席

ラオスビール         肉と野菜の炒めもの      挽肉と香草
ラオスビール 肉と野菜の炒めもの 挽肉と香草

エビとトマトスープ      川魚の煮付け         香草とご飯
エビとトマトスープ 川魚の煮付け 香草とご飯

食後、5千体超の仏像を安置した寺院、ワット・シーサケート。
ヴィエンチャン最古の寺院。

ワット・シーサケート入口           鐘楼
ワット・シーサケート入口 鐘楼

本堂
本堂 本堂

柱の上部                   子供の修行僧
柱の上部 子供の修行僧

多くの仏像                  内部は撮影禁止
多くの仏像 内部は撮影禁止

その後ショッピングモール、免税店を廻る。冷たい飲み物で喉を潤はせる。

携帯販売店          免税店
携帯販売店 免税店 免税店

店内のカフェ
店内のカフェ 店内のカフェ

タイに再入国時、ラオス国境でコロンビアから来たバッッグパッカーに会う。

ラオス国境                  コロンビアから来たバッッグパッカー
ラオス国境 ラオス国境

市内を周遊し、ウドン・タニまで戻り、Charoen Hotelに泊まる。
中心街の老舗ホテル、朝食付きで950バーツ、約3,000円。

ウドン・タニまで戻り
ウドン・タニまで戻り ウドン・タニまで戻り

Charoen Hotel
Charoen Hotel Charoen Hotel

夕食は町へ。道路わきの歩道に、ゴザを敷いてテーブルと座布団を置いた路上食堂。
炭火の七輪に鍋を乗せ、肉、魚貝、野菜、春雨を放り込んで2種類のタレで食べる。
庶民の味はいつでも美味しく、楽しい。

歩道の食堂
歩道の食堂 歩道の食堂

シンハービール        七輪             鍋の具材
シンハービール、タイ 七輪 鍋の具材

調理中            出来上がり          海鮮サラダ
調理中 出来上がり 海鮮サラダ

スイーツ売り         像使いが通る
スイーツ売り 像使いが通る

長旅の疲れ癒しにホテルでタイ・マッサージ依頼。1時間半で45$。筋肉ほぐしと
両足でのストレッチにゆったりとなる。

部屋に戻り                  タイ・マッサージ
部屋に戻り タイ・マッサージ

テーマ : 旅行記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

プロフィール

中~後期高齢者 のび


拙筆、拙写 : 中~後期高齢者 のび
日々の日記及び
新しいデジカメ画像から
古いアルバムの銀塩写真まで、
思い出の記録を整理。
熊本県在住。

分類(☝で詳細)
画像
(☝で拡大)
日付順目次

☆日記一覧

最近の日記
コメント
検索
日付(****年**月)でも      検索可能
リンク
ゲスト(☝で詳細)